セキュリティーポリシー

みんなのビットコインはお客様に安心してビットコインを取引いただける環境を提供するために、使いやすさと強固なセキュリティが共存できるよう全力を尽くしております。

サービスの安全性

ウォレットの管理

みんなのビットッコインではウォレットを常時コールドストレージにて管理し、ハッカーによる攻撃を排除します。
透明性を確保するため、すべてのユーザーに固有のビットコインアドレスを付与し、そこにビットコインの残高を表示します。

不正アクセスの検知・SMSによる2段階認証

不正アクセスを検知するため、普段利用されていないIPからアクセスがあった際にはメールにてお知らせいたします。
また出金に関しては登録のメールアドレスを用いた2段階認証を採用しています。
どなたでも利用することができ、悪意ある第三者からの不正アクセスを検知します。
  • 複数のサイトで同じパスワードを使用する
  • メールの本文にあるリンクをクリックする
  • インターネットからソフトウェアをダウンロードする

口座のチェック

口座が正しい・安全であるか確認するため常時行われているオペレーショナルリスクマネジメントの一環として、少なくとも1日1回、その日の取引を処理する前に、すべてのアカウントに自動的に検証をかけます。これらのチェック機能があることで、口座の齟齬(残高を操作することで起きる)などを早急に検知し、しかるべき対応を取り問題解決します。すべての払戻し(BTCもしくは現金)を実行する前に検証チェックが行われるため、悪質な目的で弊社の帳簿を操作しようとすることは実質上不可能になります。

SSL暗号化通信

口座が正しい・安全であるか確認するため常時行われているオペレーショナルリスクマネジメントの一環として、少なくとも1日1回、その日の取引を処理する前に、すべてのアカウントにお客様との通信にはSSL暗号化通信を利用しており、第三者が盗み見ることはできません。
SSLとは、Secure Socket Layer の略で、データを暗号化してやり取りする手順の決まり (プロトコル) です。
暗号化通信が行われるウェブサイトであることは、以下の方法で確認することができます。
  • URL欄に鍵マークがあること
  • URLが”http://〜”ではなく、”https://〜”で表示されていること
通常、ウェブサーバとブラウザとの間は HTTP (HyperText Transfer Protocol) というプロトコルで通信が行われますが、HTTP にはメッセージを暗号化して「盗聴」を防いだり、ウェブサーバを認証して「成りすまし」を防止するという機能がありません。それらを防止するために、SSLを利用した暗号化通信を行っております。
URL欄の鍵マークをクリックすると、SSLサーバー証明書の詳細を見ることができます。 自動的に検証をかけます。これらのチェック機能があることで、口座の齟齬(残高を操作することで起きる)などを早急に検知し、しかるべき対応を取り問題解決します。すべての払戻し(BTCもしくは現金)を実行する前に検証チェックが行われるため、悪質な目的で弊社の帳簿を操作しようとすることは実質上不可能になります。 

口座登録(無料)はこちら

1分で簡単登録→最短当日取引可能